大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

ようやく一段落

2013-7-30-1
2013年7月30日(火)

先日28日(日)は消防団の活動の為、お休みをいただいておりました。知らずにカフェへ来てしまったお客様には、本当に申し訳なく思います・・・。こういった地元の活動も、ここで暮らす人間の役目と思って頑張っておりますので、どうか大目に見てやってください。(笑)
ちなみに、操法大会では僕達の所属する大久保部は14チーム中4位という結果。スラジも、義弟”だいちゃん”も、当然のごとく選手をやっておりました。上位3チームがさらに大きな大会へ進んでいくので、とりあえず練習やら飲み会などはなくなります。宿の開業に向けてかなり忙しい時期であったので、本当に大変でしたが、ようやく一段落ついてホッとしました。

ずっと前の話になってしまいましたが、topivのワークショップも無事に終了しました。

皆さん、いい感じで作品を仕上げていて、どれもいい感じ。鹿皮の柔らかさも手になじんでいいですね。
topivもワークショップに随分慣れた様子で、参加者の方も教え方がとても分かりやすかった!という話を聞きました。ラフティングの仕事をしていた時から、まぁ話は上手でしたね。(ちょっと上から目線です。)
ワークショップ当日の晩は、古民家”みちつじ”に泊って、遅くまでまったりしておりました。次の日の朝は、5時半起床でカヤック。やっぱり吉野川はいいなぁ~という結論でした。

2013-7-30-5



古民家の近くの棚田がキレイ。

2013-7-30-3

昔は、もっともっと棚田が多かったそうですが、今はほんの少し。こういった景観もどんどん失われていくのでしょうね。

2013-7-30-2

古民家の前の道路。結構道もせまくて、駐車場問題が難しいところ。柚子畑の一部を駐車場に・・・という話もあったが、農地法の直接支払いがどうとかで、すぐには駐車場がつくれなくなってしまった。
大きな車でお越しのお客さんには、近所の方の駐車場をお借りして、車を停めていただくことになりそうです。

2013-7-30-4

しばらく天気が良くないみたいですね~。また暑い日は、子供たちを川遊びも連れて行かなきゃいけませんね。

  1. 2013/07/30(火) 05:58:30|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

営業許可がおりました

2013-7-26-2
2013年7月26日(金)

まず、カフェからのお知らせ。
以前にも告知致しましたが、
7/28日(日)は地元消防団の操法大会に参加するため臨時休業
となります。何卒、よろしくお願いいたします!


では、本題に戻って・・・ついに、古民家の宿としての営業許可がおりました~!!
ここまでの道のりは長く、厳しいものでした。多くの方々の協力もあり、なんとかここまできました。まだ、本格的な営業開始というわけではないのですが、とにかく嬉しいのでご報告まで。

ちなみに、宿の屋号は「お山の宿 みちつじ」

”みちつじ”(道辻)というのは、古民家の屋号。田舎はどこもそうなのか知りませんが、ここらでは家に名前があって、それを屋号といいます。近所で同じ姓が多いので、屋号があると非常に便利。
最初の計画では、食事付きの宿を理想にしておりましたが、とりあえず素泊まりの宿からスタートすることにいたしました。また追って、宿の情報を公開したいと思います。

2013-7-26-1

プライベートスペースとなる”はなれ”の作業も大まかに完了し、荷物の搬入しました。”はなれ”も、なかなか趣のある家で、結構居心地がよくなりそうです。最初は、この家に住めるかな?って思っていましたが大丈夫そうです。母屋の方もスッキリして、いよいよ宿っぽくなってきました。

2013-7-26-4

よしのがウロウロしてます。

2013-7-26-5

そう君は虫取り。まだ3歳なので上手く取れませんが。


僕達が選んだ生き方が、「大田口カフェ」であり、「お山の宿 みちつじ」であります。
本当に、思い切ってここまでやってきました。自営業は、まさに不安の連続です。
それでも、僕達は自分らしく、自分の思うようにやっていきたいし、そうあり続けたい。
そんな強い気持ちを持って、この大豊の土地で生きていきたいと思います。


最後にコレ

2013-7-26-3

おカネがなくても、これが重要ですよね。


  1. 2013/07/26(金) 06:54:02|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

はなれの改修

2013-7-23-2
2013年7月23日(火)

宿の開業に向けて進めている古民家改装。ようやく、”はなれ”の作業にとりかかりました。基本的に母屋がお客様用のスペースで、はなれをプライベートスペースとして使おうと計画しております。はなれの改修で一番厄介だったのが、湧水のこと。湧水と言っても、水量はジワジワ水が浸みだしてくる程度で全然少ないですが。湧水というと良いイメージがしますが、そんな爽やかなものではなく、湧水のせいで地面がぬかるんで、ひどい時は膝まで沈んでしまうぐらいの沼地のようになっておりました。溝を掘って、水が流れるようにしてあげると、次第にぬかるみもマシになり、ちょっとホッとしましたが・・・。そんな湿気のせいもあり、やはり石垣側の基礎は壊滅。ジャッキアップして正しい位置に柱を据える作業から取り掛かりました。あらゆる作業をこなしてきた義弟”だいちゃん”が、あっという間に一人で柱の作業を終了させていてビックリ。

2013-7-23-1

はなれは小さく、二部屋とかまどのスペースのみであった。かまどは立派なものではなく、簡単に言うと石と土で作ったバーベキュー台といった感じで、十秒ぐらいで破壊できるものであった。その、かまどの隣に湧水スペースがあり、昔は湧水を利用して炊事をしていたらしい。聞くところ、昔は水量がもっと豊富であったらしい。

そのかまどのあったスペースも部屋にして、なるべく居住空間を広くすることに。だいたい3畳ぐらいのスペースであるが、基礎づくりからはじめて、あっという間に床ができていた。義弟”だいちゃん”は、約半年作業に没頭してきて、作業のスピードがメチャメチャ速くなっている。写真は、すでに床ができている状態。

2013-7-23-3

お決まりの廃材を駆使して作業。ご近所からいただいた廃材を使いまくってます。
おかげ様で、古い感じがでて良かったです。古い板は、なかなか味があって、しかも良質。タイミング良くいただけたので助かりました。


2013-7-23-4

こちらもいただきもののソーラー温水器。なんで、こんなものがもらえるのか不思議でありますが、とにかく活用しない手はない!ですね。取り外すのに、かなり苦労したという話・・・ありがとうリオブラボー。

2013-7-23-5

貯水タンクの止水金具を新品に交換しました。後は配管をしてあげれば稼働できそうです。ご近所さんの話によると3月~11月は稼働できるらしい。ソーラー温水器で温めた水を、薪風呂に使えば、かなりの薪の節約になるはず。どんなものか使ったことがないので楽しみです。



2013-7-23-9

連日、暑い日が続いて作業は大変。”猪鹿工房おおとよ”のご主人が差し入れで自家栽培のスイカを持ってきてくれました。夏!!って感じ。ありがとうございます!

2013-7-23-7

そうくん。

2013-7-23-8

よしの。

2013-7-23-6

みんなで食べるスイカは、何倍も美味しく感じますね~。宿をはじめたら、こんな風景が日常になってほしいなぁと願います。まだ、このブログでしか宣伝(?)してないのが気にかかります。(笑)これからは営業活動も進めていかないといけませんね。ちなみにHPも作ってません・・・。



  1. 2013/07/23(火) 05:59:17|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロイロできました。

2013-7-20-9
2013年7月20日(土)

なかなかブログが更新できず、今になってしまいました・・・。カフェの事や古民家改装の進み具合など、記事に残しておきたいところなのですが、時間の都合で先延ばしにしてしまう自分。いけませんね~、喝をいれて頑張ります。

さて、上の写真は古民家から撮影。リオブラボーのテツ君からいただいたソーラー温水器を取付していた最中にパチリ。夕暮れの空は、なんとも幻想的です。

2013-7-20-3

義弟”だいちゃん”の頑張りによって、風呂もほぼ完成致しました。煙突からはもくもくと煙が上がり、ここで生活をしている!と、一層強く感じられます。

2013-7-20-4

入口はこんな感じ。廃材でいただいた板を使って作成。脱衣場も、思ったより広くできて快適。

2013-7-20-5

そして、注目のお風呂はこんな仕上がり!

タイルを張る作業、だいちゃんが全部やってくれました。かなり大変だったようです・・・。タイル選びから、悩みに悩んでいましたが、かなりオシャレにできたと思います。ちなみに、壁にある”小さな戸”は、焚口の方へつながっていて、会話できるように設計しました。「湯加減はいかが?」「おい、火が強すぎるぞ!」などと会話できたら楽しそうです。ファミリーや友人同士で泊っていただいて、風呂沸かしも楽しんでもらえたらと思います。

2013-7-20-2

さて、以前地元の大工さんに施工していただいた欄間。完成はこんな感じ。
永渕の集落には、ホントにお世話になっています。随分と長い時間をかけて改装を続けてきましたが、これも地元の方の支えがあってこそであります。本当にありがとうございました!営業に向けて頑張ります!

2013-7-20-1

そして、キッチンのタイルも完成。こちらも、だいちゃんの仕事。以前は下地がむき出しだったのですが、すっきりいい感じに仕上がりました。これで、炊事も楽しくなるってものです。

2013-7-20-8

ご近所さんからは、毎年恒例の大量の梅をいただきました。いろいろ作りましたが、梅干しもやりました。天日に干されて、表面がすごくきれいな色になりました。ちなみに、カフェでは自家製ウメソーダが登場。

2013-7-20-7

そして、夏と言えば花火。縁側で、ちょこっとやってあげると、子供たちも大喜び。

2013-7-20-6

子供の少ない、過疎高齢化の町。しかも山の上で、どんな風に育っていくのでしょうか??


  1. 2013/07/20(土) 06:42:06|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

臨時休業のお知らせ


7月28日(日)は消防団の操法大会に参加するため、臨時休業となります。


毎年恒例になっておりますが、消防団活動の為、臨時休業致します。お客様にご迷惑をおかけすることは心苦しいですが、消防団もここで生活をする上で大事なものなので、ご理解をお願いしたいと思っています。


  1. 2013/07/19(金) 06:43:38|
  2. CAFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欄間の取付

2013-7-9-2
2013年7月9日(火)

梅雨明け、そして猛暑が始まりましたね~。大豊では寝苦しいということはないですが、日中はやっぱり暑い!!これだけ暑くなると川に飛び込みたくなりますね~。

そんな気持ちにもなりますが、遊んではいられません(笑)。

宿の開業に向けて進めている古民家改装。7月中のオープンを目指して頑張っています。
以前、永渕の集落で自宅を取り壊すという方がいました。「いらないものは持っていっていいよ。」ということで材木やらふすまやらもらってきました。そして、なんと欄間もいらないということでいただいてきました!

2013-7-9-1

母屋の客間、実は欄間(らんま)が取られていて、写真のように何もない状態。近所のおばちゃんの粋な計らいで欄間をいただけたので、当然のごとく取り付けることに。
とはいっても、どうやって取り付けるのか?器用な義弟”だいちゃん”も、欄間が立派なだけに下手なことはできない・・・ということで悩んでおりました。そんな訳で、以前から消防団で付き合いのある永渕の大工さんにお願いすることにしました。すると、「ちょうど空いとるけに、やっちゃらぁえ。」ということで、なんとボランティアで作業してくれることに。ありがたい!!

2013-7-9-4

前もって寸法を測っておいてくれたので、作業当日は加工した材料を持ってサクサク作業。プロはやっぱり違いますね。完成の写真は、また後ほど・・・ありがとうございました!!



  1. 2013/07/09(火) 08:01:17|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

topiv ワークショップ ~手縫いで作る革小物~ 開催!!

2013-7-4-1

友人であるtopivさんが久しぶりに高知へやってきます。そんなわけで、カフェでワークショップを開催していただけることになりました!皆さんもtopiv指導のもと、おしゃれな革小物を作ってみてはいかがですか?
詳細は以下、topivファンの方は必見ですよ~。



topiv  ワークショップ ~手縫いで作る革小物~

スマホケース 小銭入れ ネックレス のどれかを選べます。

参加費用 2500円〜3000円(カフェでのご注文は別)

日時は、7月20日(土)15:30より2時間程度。場所は大田口カフェにて。

定員は8名まで。ですので、人数が集まり次第、締め切らせていただきます。
ワークショップの予約は”大田口カフェ”までお電話にてお願いいたします。なるべく、カフェの営業時間帯にかけてきてくださいね~。夜は19時ぐらいまでなら電話に出れると思います。



さて、ワークショップ開催する側としていうのもなんですが、このワークショップはいいですよ~。絶対オススメです。早々に定員に達してしまいそうな気がします。ちなみに、topivさんは、スラジのラフティング仲間(先輩)でありまして、付き合いは結構長い。お互い、人生イロイロ、こんな形で一緒に仕事ができるのは嬉しい限りであります。とにかく楽しみですね~!

トピブのブログ →  topiv
  1. 2013/07/04(木) 23:52:37|
  2. CAFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実験

2013-7-2-3
2013年7月2日(火)

古民家改装を始めた頃を思い出すと、これまでにいろいろな試練を乗り越えてきたなぁ~とつくづく思います。ようやく、風呂の焚口も作りあげ、燃焼実験をしてみることにしました。まだ、内装もできていない状況ですが、とりあえず火の燃え具合、煙のぬけ具合を確認してみました。

2013-7-2-2

焚口を室内に作ったので、あまりにも煙がぬけないと困ります(笑)。本当にちゃんとぬけるか心配でした。耐熱モルタルも火を入れないと硬化しないので、本当にとりあえずの実験です。

2013-7-2-1

基本的に、まずまずの出来でした。火力があがっている時は全然問題なく、火力が落ちてくると焚口の手前からも煙が出てくる・・・という感じでした。焚口の開口部は僕が施工したのですが、開口部の高さが良くなかったように思います。(もう少し低く作るべきだった)
これから、煙突を延長する、焚口を加工する、などの対策をして、より良い燃焼をするように仕向けて行きたいと思います。ホントに火の動きというのは面白いです。

2013-7-2-4

なにはともあれ、これは皆の力で作ったお風呂。とにかく最高!子供達も喜んでくれました。


  1. 2013/07/02(火) 23:36:50|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad