大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

連休をいただきました

kayak
2009年5月20日(水)

 18日からお休みをいただいて、久しぶりにリフレッシュできることができました。お休みをいただいている間に、”大田口カフェ”へお越しいただいたお客様には、本当に申し訳なく思っています。臨時休業をすべての人に伝えるのは、やはり難しいことで、このブログをチェックしてくれた方か、お休みをいただく以前に来店していただいた方にしか、伝わっていないと思います。お店の立地条件的にも、遠くから来られる方が多いので、その分臨時休業のショックというか絶望感は大きいと思うので、非常に心苦しいところです・・・。

 休みをいただいたのは、GWの振り替え休日・・・という意味もかねて取らせていただいたのですが、ラフティングの仕事をする予定があったからでもあります。実は、本日20日に修学旅行生が団体でラフティングに参加するということで、ガイド不足の吉野川でラフティングガイドがかき集められたのでした。僕達夫婦も、その中のメンバーだったわけです。
しかし、残念なことに、大阪府の中学校の修学旅行だったので新型インフルエンザの影響で中止・・・ということになりました。「はぁ~せっかく休み取ったのに・・・」って感じでしたが、新型インフルじゃ、しょうがないですね。とにかく、ガイドを久しぶりにする予定だったので、みっちりトレーニングだけはしました。休みのはずが、肉体的には非常に疲れました・・・。

上の写真は、19日の朝練カヤックの様子です。水量が少なかったですが、久しぶりに大勢でカヤックできたので楽しかったです。ムッシュが撮影してくれました。

kayak2

みんな上手で、僕なんかは”へなちょこカヤッカー”です。

 かれこれ、この吉野川に出会ってから6年ぐらい経ちます。初めて吉野川を下ったのは、今も所属しているラフティングカンパニーで”リバーガイド養成講座”を受講した時でした。その当時、僕はユーコン川下りの計画をしていて、ちょっとでも川の知識を学びたいという思いで”リバーガイド養成講座”を受けたのでした。5日間の日程でしたが、おかげさまですっかりラフティングにはまってしまったのでした。
 その時、僕はできるだけ節約していたので、四国に来る時もヒッチハイクで来ました。仁淀川や四万十川も下る予定だったので、ホールディングカヤックを引っ張りながら・・・。今まさにお店をやっている大田口付近で、車が泊まってくれたことをよく覚えています。大豊町のどなたなのか、もう分かりませんが、本当に助かりました。ありがとう!
 
 僕達が、なぜ大豊町に住みついてカフェをはじめたのか考えると、やはり吉野川とラフティングは切っても切り離せない思い入れがあります。そういう僕達の強い気持ちもあって、夏の間、数日かは臨時休業をしてガイドの仕事をすることがあるかもしれません。決まり次第、ブログの”大田口カフェ情報”へアップしますので、よろしくお願いします!
  1. 2009/05/21(木) 00:19:13|
  2. 吉野川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

遠いところから来て閉まっていたら、ショックでしょうからつらいところですよね。
僕としては役場の行事とかでふれあいセンターに行くことがたまにあるのですが、せっかく大田口まで来たのに木曜日だったり第2第4水曜日だったりして、ショックです。
  1. 2009/05/23(土) 23:24:36 |
  2. URL |
  3. sugimotokazuya #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですよね。せっかく行って閉まってたら、どうしようもなくなっちゃうんですよね。
しかも、近くに店が多かったらまだいいんですが、大豊にはあまり店がないですからね・・・。もっとお店ができればいいなぁって思います。
  1. 2009/05/27(水) 22:59:42 |
  2. URL |
  3. スラジ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/125-7edcf30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad