大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

スラジ流かまどの作り方vol.2

kamado8
2010年2月11日(木)

さて、つづきです。
上の写真は、レンガを一段重ねてから、さらに土を盛っているところです。土を混ぜる作業が一番疲れるし、一気に大量にはできないと思うので、無理せず少しずつ混ぜました。材料にセメントを少量だけ混ぜたのは、「その方が簡単に固まるよ。」と近所の方にアドバイスをいただいたからです。セメントの分量が多すぎると、かまどにヒビが入りやすいそうです。

kamado10

だいぶ背が高くなってきました。僕が作ったかまどは、直径30cmと24cmの2連式です。定規を使って、オールハンドメイドで円形に仕上げたので、やはり”いびつ”になりました。当然、羽釜を据えたときに隙間ができてしまうので、そこから煙がモクモクとでてくることになります。まぁ、屋外なのでいいやろ!ということで気にしませんでした。

kamado11

だいたい形になってきました。

kamado12

あらかた完成したところで、軽くたたいてかまどを固めました。空気が抜けると思うので、ちょっとは効果があったのでは?と思ってます。形が整ったら、後は自然乾燥を1週間ほど。その間に、かまどに亀裂が入ったりしたので、その度に叩いて修復したり、さらに土をつめたりしました。その後は、使用しながら乾燥させました。やはり完成したかまどは、頑丈とはいえません。ちょっとした衝撃で、土がポロポロ落ちたりします。まぁ、一回作ってしまえば、「崩れたらまた作るよ」というある種の”気持ちのゆとり”ができるので、僕は全然気にしてません。上手く作れば、材料費は格安でできるので、挑戦する価値はありますよ。是非チャレンジしてみて下さい!
  1. 2010/02/11(木) 20:23:31|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/181-f8f60faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad