大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

ふと思い出したこと

2012年2月20日(月)

今日、近所の女の子が「中学受験に合格したよ!」と報告に来てくれた。おお!それは良かった!頑張ったなぁ~とねぎらい、すっかり彼女の将来を心配するオジサンになっていた。まぁ、僕が心配するまでもないのは承知なのであるが、やっぱり気になったりするものである。

さて、そんな自分はどうだったのかというと・・・高校は工業高校、大学は工業枠推薦で愛知県の理系の大学へ進学。学部3年が終わった時に一年休学。その後、復学するも半年ぐらいで自主退学。考えようによっては、あと半年だけ大学に通えば学士はもらえたと思うが、結局は辞めてしまいました。

思い起こせば、大学を辞める時は随分悩んだ。辞めることに迷いはなかったけど、やはり親のことが気がかりになります・・・。当然ながら親には随分、迷惑&心配かけてしまいました。

今更、もうちょっと大学に行っとけば・・・なんて思うことは一切ない。もともと学歴の為に大学に行ったわけでもないし。しかしながら、大学生活は非常に実のあるものでした。楽しい思い出もたくさんあるし、いろんなことを学ぶこともできましたし、刺激的な友人たちにも出会うことができました。


実際のところ、なんで辞めようと決心したかというと・・・時間がもったいないと思ってしまったから。である。全くもって非常識でワガママな話ではありますが、青年スラジにとって、大学よりももっと大事なものができてしまったという訳です。早い話、情熱を傾けたいものに一刻も早く向き合いたかったのです。


大学を辞める時は、退学届に3人のハンコが必要でした。2人のハンコをゲットしたのですが、自分の研究室の教授はハンコを押してくれませんでした。

「あと半年それなりに頑張れば、卒業はできる。それからやりたいことをすればいい。」

完全に正論で押されてしまい、とりあえず断念・・・。まぁ、どうするかなぁ~と考えあぐねていました。ここは同じ研究室の先輩であるドクター2人に相談しよう。そう思って、夜中の研究室へ。2人は、いつも夜中まで研究室にいるのだ。


「あの・・・大学辞めようと思うのですが・・・。」


はじめは驚いていたが、聡明な2人は僕の気持ちをくんでくれて、


「よし分かった。オレが辞めさせてやる!」と言い出した。


そして、勝手に教授の机を物色し、ハンコを見つけ出した。さらには、何故か冷凍庫に入れてあったウィスキーを取り出し(なぜウィスキーがあるのか??)、飲み始めた。一人の先輩が言った。


「いい酒ですから、ストレートで飲みましょう。」


困惑しながらも、ひたすら話し合い、飲みあった。ちょっとでもウィスキーを薄めようものなら、「いい酒ですから!!」と怒られる始末。最終的には、「いい酒ですから。」しか言ってなかった。まぁ、そんな事件を経て、なんとか退学することになったわけである。きっと研究室でも伝説化していることでしょう。

人生イロイロですからね。僕の人生に大きく関わってくれた先輩2人に乾杯!!

  1. 2012/02/21(火) 00:53:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

すごい裏技ですねぇ(笑)

スラジさんの行動力はほんとにスゴイ★
  1. 2012/02/21(火) 23:12:32 |
  2. URL |
  3. いっこ #-
  4. [ 編集 ]

いっこさんへ

裏技・・・確かに「まさか!?」の展開でしたね。
思い起こせば、なかなか面白い体験でした。

行動力たいしたことないで。もっとスゴイ人いっぱいいますやん!
  1. 2012/02/22(水) 23:01:32 |
  2. URL |
  3. スラジ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/380-aebc1821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad