大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

キッチンと土壁

2013-3-16-2
2013年3月16日(土)

キッチンスペースとなる場所がだんだんと出来上がってきた。基礎をやり直し、柱をたてたり、継いだりして、壁を作ってきた。キッチンは”動線”と”使い勝手”が大事なので、ただでさえ難しいが、さらに限られたスペースを最大限に生かすとなると悩みは尽きない。設備なども検討して、配置を決めて、ようやくこんな感じになった。

2013-3-16-1

内装の手が入った時にそぎ落とされた土壁。土壁の存在感も素晴らしく、上から板をはって隠してしまうのは忍びない感じがします。やはり、土壁は復活させる方向に決めました。

2013-3-16-4

だいちゃんは左官に挑戦して壁塗り。

2013-3-16-3

僕は、崩壊した土壁をかき集め少しだけ土壁をぬってみることに。かき集めた土壁の残骸に水を加えて良くこねます。

2013-3-16-5

一枠のスペースを塗ってみましたが、土壁を塗るのはおもしろいですね。しかし、かなり大量の土がいるのですね。トロ舟いっぱいがすぐになくなってしまいました~。

2013-3-16-6

では、土を集めるところから始めて、土壁を復旧してみることに。

2013-3-16-7

ワラはご近所さん達からいただき、ワラの切断はご近所さんのもつ機械であっという間に切ってもらった。
こねるのは裸足でやってみた。まず大きな石を排除してから切りワラを加え、水を加えて練る。

2013-3-16-8

水加減が難しいし、混ぜるにも根気が要りますね。

2013-3-16-9

水分量が多い方が混ぜやすいですね。しっかり混ぜた後は発酵するまで放置。本によると1ヵ月ぐらいは放置して土を発酵させるらしい。なかなか気の遠くなる作業であるが、土壁を塗るのが今から楽しみである。

  1. 2013/03/17(日) 02:08:49|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/458-c6e8c230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad