大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

土壁の再生

063_R_20130407222328.jpg
2013年4月7日(日)

一か月前ぐらいに仕込んだ土壁用の粘土。ついに活用される時がやってきました!

古民家を改装しはじめて、かなり時間が経過しておりますが、まだまだ作業は山積み・・・。当然、大工さんでもない改装の素人がやってるわけですから時間もかかります。土壁などに関しては、全然知識もないし、本当にできるのか不安であった。
僕達の場合、土壁をつくるのに竹小舞(下地)からやるわけではない。本来の土壁がこそぎおとされた部分に、粘土を張り付ければいいわけであって、作業としてはそれほど難易度が高いわけでもない。ただ、全く経験がない作業だけに、土を作る段階でも”手ごたえ”がなく、「ほんまにコレが土壁になるんかな~??」という感じであった。

001_R_20130407222321.jpg

上の写真は、以前に仕込んでおいた粘土(土壁の材料)。山から赤土を取ってきて、石や根っこなどを取り除き、切りワラと水を加えてコネコネしたものである。発酵させるためにビニールシートでくるみ、1ヵ月ほど寝かしておいた。”ワラを加えることで土が発酵し独特の発酵臭がする”と本にあったが、確かに変わった匂いがした。この発酵が、一体どういう効果をもたらすのかは知らないのですが、粘度は高くなったような気がします。

005_R_20130407222322.jpg

どんな具合か心配であったが、かなり良い感じに仕上がったような気がする・・・。

028_R_20130407222324.jpg

塗りはじめてみると、かなり粘着もよく、意外にしっかりしていたので一安心。本日は家族総出の作業であったので、写真係と子守り係に分かれて作業開始。

072_R_20130407222403.jpg

ムッシュもまやつも土壁作業に率先して参加。だいちゃんは粘土を運んで作業をサポート。子供たちにもやらせてみたい!という親の願望とは裏腹に「おてて汚れちゃうから。」と子供たちは粘土に触るのを断固拒否。う~ん、やっぱり子育ては難しいです。

061_R_20130407222326.jpg

大人たちは楽しく、そして真剣に作業。ムッシュとまやつも頑張りました。子供たちは勝手に遊びまわり楽しそうでした。土壁に子供たちの手形を残そう!!なんて話をしておりましたが、土壁には手形はつけれませんでしたし、そもそも子供たちは粘土を触らずでした・・・。

074_R_20130407222406.jpg

とりあえず、塗り終わりましたが、乾燥してからどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。お昼は子供達と共に縁側でおにぎり。良い一日でした。

  1. 2013/04/07(日) 23:06:34|
  2. 古民家改装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/466-d9781259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad