大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

お山の宿”みちつじ”のご案内

2013-8-27-2
2013年8月27日(火)

8月よりオープンしました「お山の宿”みちつじ”」のご紹介を致します。

まず私自身ですが、「大田口カフェ」という喫茶を高知県大豊町にて2008年7月より経営しております、スラジといいます。妻(ムッシュ)と娘(よしの)と共に毎日カフェの営業に励んでおります。したがって、宿のオーナーは僕達ではございません。こちらのオーナー夫妻は東京からIターンで高知へやってきました、ムッシュの妹夫婦であるアダチファミリー。だいちゃん(旦那)・まやつ(妻)・そう(息子)の3人家族であります。お山の宿”みちつじ”のオープンまでには、僕達家族も一緒になって様々な作業をしてきました。同じく、カフェの営業も手伝ってもらい、まさに2つの家族は運命共同体になったのであります。

そんな僕達の想いが詰まったのが、このお宿なのです。

20年近く空き家だった民家を自分たちの手で蘇らせるのは、本当に大変な作業でありました。風呂とトイレは崩壊しておりましたし、まさにゼロからのスタートでした。改装に力を発揮してくれたのは、アダチファミリーの大黒柱である”だいちゃん”(前職ガラス屋)。本当に素晴らしい仕事をしたなぁ~と思います。いままでの古民家改装の軌跡は、簡単ではありますがブログのカテゴリー”古民家改装”にあるので、是非ご覧になってください。


ここでは、現在の宿の様子を紹介したいと思います。

一番上の写真が、お山の宿”みちつじ”の母屋。こちらが、お客様に使っていただく場所になります。風呂とトイレは別棟になっており、母屋の向かいにあります。

2013-8-27-1

完全にセルフビルドの風呂・トイレの建屋。

2013-8-27-3

入り口で靴を脱ぐようになっています。

2013-8-27-4

入ってすぐ右手にトイレ。簡易水洗です。

2013-8-27-6

風呂に欠かせないのが、薪・・・ですよね。

2013-8-27-5

じゃじゃーん!!風呂は五右衛門風呂です。
五右衛門風呂の施工もタイル張りも、当然DIY。宿の主、だいちゃんが一人でコツコツやりました。僕も少しだけ手伝いましたが・・・。いや、ビックリな仕上がりです。ちなみに、シャワーもあります!

2013-8-27-7

手洗い場。民家から出てきたホーロー洗面器を改造して、だいちゃんが作成。


場所は変わって、

2013-8-27-9

こちらは母屋の縁側。座って、山を眺めるだけで癒されます。
五右衛門風呂の風呂上がりには、縁側でいただくビールが最高であります。夜はBBQもオススメ。

2013-8-27-10

宿はとても日当たりが良く、晴れていると早朝から日が差します。ちなみに、熱帯夜で暑くて眠れない・・・といったことはありません。ぐっすりお休みいただけること請け合いです。
朝日の温かさが、なんともいえず気持ちいい季節になってきましたね。家族一同、皆様のお越しをお待ちしております。


予約は電話でお願いいたします。

連絡先 0887-75-0390 もしくは 090-7774-5743 アダチまで


  1. 2013/08/27(火) 07:19:50|
  2. お山の宿”みちつじ”
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/501-51cd09a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad