大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

お料理教室の話

2013年9月30日(月)

もう9月も終わりですね~。本当に月日が流れるのが早くてビックリする今日この頃です。だんだんと寒くなってきて、そろそろストーブの準備をしなければ・・・という感じになってきました。お店の薪ストーブの煙突が、曲がってしまっているので早く直しておきたいところです。

さて、先日は突然の臨時休業をとらせていただき誠に申し訳ありませんでした。

ムッシュは土佐町で行なわれた、中島デコさんの料理教室に参加。中島デコさんは、いわゆるマクロビオティック料理で有名な方で、多方面で活躍されている方です。このイベントは、”れいほく田舎暮らしネットワーク”の主催で行われました。こんなイベントができるなんて、ホントに素晴らしい。内容もかなり満足できるものだったらしく、ムッシュもご機嫌で帰ってきておりました。ちなみに、スラジは今更ながらラフティングのトレーニングに参加。普段の運動不足がたたって、非常に疲れました・・・。


そんな訳で、料理教室の事はムッシュから聞いただけで詳しい内容は知りませんが、なかなか共感する話も多かったです。


薪を使った調理がいい!というのは僕も同じ思いです。焚き火料理というのは、なんとなく美味しくできそうな感じがしませんか?ホントに感じだけなのかもしれませんが、その雰囲気がやっぱりいいです。北米の大河ユーコン川を下っていた時は、ホントに焚き火三昧で、ひたすら焚き火料理していたのを思い出します。

ムッシュ曰く、「焚き火で料理するのは難しそう。」ということですが、そんなに難しいことはないと思います。どちらかというと、火加減が難しそう・・・というのが正しいかもしれません。焚き火で料理するというのは、そういった意味で、ちょっと勇気がいるのかもしれませんね。とにかく、焚き火で調理する工程が楽しいので、やはり焚き火は推進していくべきだ!と思うのです。

2013-9-30-1

最近購入した羽釜。宿で活用していますが、なかなか盛り上がっていいです。”かまど”を作りたいのですが、レンガで十分機能します。

身近なものを食べよう!というのも共感する話です。これは、なかなか完璧にはできないですが、できるだけ近場で採れた食べ物の方がいいと思います。輸入物なんかも使ったりもするので、あまり声を大にして言えないですが・・・とにかく基本的には僕も同じ思いです。生活の場と生産の場が近いほど、豊かに感じるのではないかなぁと思っています。自分で野菜や米も作ったら最高でしょうし、鹿や猪も自分で獲って食べたら美味しいでしょうしね。魚も、自分で釣ったら、やっぱり美味しい・・・なかなかできませんが。

2013-9-30-2

以前、カンペシーノさんファミリーとCommonのご夫婦が宿に泊りに来てくれました。カンペシーノさんは、案の定、率先して調理担当。やっぱり、シェフに料理してもらうのも美味しいに決まってます。

結論としては、楽しく食べたら美味しい!のかもしれません。とりとめのない話でお粗末さまでした~。

  1. 2013/09/30(月) 07:01:58|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/508-479cd122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad