大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

薪作りな一日

2013-10-3-2
2013年10月3日(木)

ここ大豊町では秋晴れの気持ちの良い日が続いています。乾燥した空気を感じ始めると・・・薪作りを本格始動させなければ!自然と思ってしまいます。今年は、お山の宿”みちつじ”のオープンもありましたし、夏前から忙しく、なかなか家の作業もできてなかった。最近になって、ようやく家や店の周りをキレイにしはじめる時間がもてるようになりました。お店に去年から放置してある廃材(薪用)なんかも早く撤去してやりたいです。

2013-10-3-1

家の裏庭。以前建てた倉庫小屋も健在である。相変わらず、石垣からは雑草が伸び放題。
いろいろと声がかかって廃材なり雑木をもらったりしているのだけれど、処理をする能力が追いついておらず、けっこう裏庭が散らかっていた。木が山積みになっていたため、以前に作った軽トラ用車庫も機能せず、庭も狭くなっていた。ここ数日の早朝作業でやっとこさ片付いてきた。

2013-10-3-3

だんだんと薪の準備も早くなってきた。というのも・・・道具が進化しました。
焚きつけ用には、卓上丸鋸でいらない板をカット。以前は丸鋸で、もっと前はのこぎりでやっていたので、随分楽になりました。カットした板は、”ちょうな”で手頃なサイズに割ってあげて、使いやすいようにロープでまとめておきます。

2013-10-3-4

今年初導入の薪割り機!ご近所さんが薪割り機をグレードアップさせたので、旧品を格安で買わせていただきました~。人力にこだわって斧で割っていた部分もあったのですが、薪割り機・・・これはメチャ便利です。
この機械のおかげで、薪作りのスピードがかなり上がります。大きな雑木などは、機械では割れないので、事前に斧や”薪割り矢”で割っておかないといけませんが、それでも十分価値がありますね。

2013-10-3-5

そして、節のある部分、二股になった部分などの丸太は、固すぎて人力で割るのに時間と労力がかかりすぎる!ということで後回し。まとめて軽トラに乗せて、ご近所さんのグレードアップした薪割り機で割らせてもらうことに。
ガチガチの椿の丸太も割る、凄まじいパワーでした。ちなみに、この薪割り機、友人の方に作ってもらったそうです。動力とシリンダー(ユンボに使うヤツ)をオークションで購入して自作したという逸品。こんなものを作れるなんて、本当にスゴイです。

薪作りは本当にいろんな面で楽しいです。今度は良いチェーンソーがほしいなぁ。


  1. 2013/10/04(金) 00:02:54|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/509-a56b8dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad