大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

ニワトリ、ついに食卓へ

2013年12月15日(日)

ちょっと前に、近所のへ猪鹿工房おおとよさんに協力していただき、飼っていたニワトリをさばかせていただきました。ニワトリは以前にも解体を教えてもらったことがあったのですが、やはり教えてもらいながらじゃないと今回も難しいだろうということで協力していただきました。

猪鹿工房おおとよさんのところでは、イノシシやシカを日常的に解体しているので、さばくための道具はもちろん何でもあります。保健所の許可を得て商売として解体をされている訳なので、いろいろ制約もあります。普段イノシシやシカを解体する場所(施設)は、ニワトリ(鳥類)をさばくのには使ってはいけないという制約もあるそうです。そんなわけで、施設外で講習していただきました。

猪鹿工房おおとよの主人、北窪さんに「ニワトリのさばき方はどうやって覚えたんですか?」と聞くと、「どうやって?って・・・親父がさばきよったからの。」とアッサリ。時代が違うから・・・と一言で片付けてしまうのは簡単だけども、やはり生き方を考えさせられる言葉でありました。

なんでも便利になって、簡単にできてしまう世の中。昔だったら当たり前の作業は消え去り、すべてはお金で解決される世の中。やっぱり、腑に落ちない・・・気がするのです。自分も文明に頼ってますので、大きなことは言えませんが・・・。やはり、田舎で生活する以上、とことん田舎らしい生活をしてみたいものです。

そんな訳で、ニワトリは無事(?)お肉になり、鶏ガラはガラスープに変身。当たり前だけど、売ってるのと全然違う!お肉かたいけど、全く臭くないですね。味は奥深い気がします。そして、ニワトリに感謝!!

  1. 2013/12/15(日) 09:09:18|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/522-84b559fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad