大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

薪ストーブの話

2013-12-18-1
2013年12月18日(水)

だんだんと寒くなってきて、薪ストーブがありがたい季節になってきました。引っ越しを機に、薪ストーブを変えました。以前使っていたのは中国製の格安の鋳物ストーブ。それも全然問題なかったのですが、お山の宿”みちつじ”の導入した、さらに格安の薪ストーブがかなり調子良さそうだったので真似をすることに。

鉄板でできた薪ストーブは安すぎて、実のところ、ちょっとコバカにしていた自分でありましたが、はっきり謝りたいと思います。まず、その良さをピックアップしていきたいと思います。

①暖まるスピードがメチャクチャ速い
②非常に料理がしやすい(火力と構造)
③安い

鼻息荒く書きはじめましたが、この3つしかあげれませんでした・・・。しかし、この安さは薪ストーブを価格で断念している方々にとってはありがたいこと間違いなしです。僕は、本体と煙突を注文しましたが全部で2万円でおつりがくるほどでした。暖まるのが早いのも魅力です。寒い朝など、ちょっとの時間の暖房にも活躍します。料理もかなりできますから、光熱費がさらに浮きますよ~。まぁ、高級ストーブの方がいいに決まっていますが、これでも意外に大丈夫だという話です。

興味がある方は、北海道のメーカー新保製作所を見てみてください。

2013-12-18-2

煙突は、サッシのガラスをはずして、替わりにコンパネをいれて、穴を開けて通しました。これは、お山の宿”みちつじ”の主、だいちゃんのアイデア。流石、もとガラス屋さんだけあります。僕では考え付かないアイデア。
おかげで、窓としての機能もあるので、非常に便利。

2013-12-18-3

煙突の支柱には、以前風呂として活躍していたドラム缶に4メートルの単管をたてて作りました。ドラム缶のなかには石や砂が入っていて、表面だけモルタルで固めました。一応、表面を叩いて破壊すれば、元通り解体できるようにしています。

なんだかんだ薪ストーブの設置も板についてきた感もします。(勝手に思ってる)
長持ちはしないようなので、毎年買い替えるつもりでいます。でも、買い換えるのは本体のみなので安いもの。ちなみに、使っているのはタマゴ型(大)¥3900なり。あと、煙突掃除は月1回のペースでやれば問題ないと思います。燃やす木にもよりますが。

とにかく、この製品は僕のイチオシであります。


  1. 2013/12/18(水) 08:28:07|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/524-b9d52a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad