大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炭窯から炭を出す その2

2014-3-26-1
2014年3月26日(水)

以前、炭窯から炭を出した時に2回目の炭焼きも続けて行っていたのであるが、今回はその2回目の炭焼きのお手伝いに行ってきました。今回は、お山の宿”みちつじ”のだいちゃんも参加。場所は大豊町の八川(やかわ)であります。

ちなみに、炭焼きというのは火をつけてほっとけばいいというものではなく、窯の状況や煙の状態を逐一観察しなければいけない。特に大きなポイントは火をとめる時らしい。こういった判断をしてくれているのは炭窯の持ち主さんである、82歳のおじいちゃんである。

2014-3-26-2

だいちゃんが率先して作業を進めてくれた。炭焼きを主導してくれているKさんは、かなり二日酔いだったらしく、「しんどいなーしんどいなー」を連発していたが、やっぱり炭の出来具合は気になる様子。(笑)

作業中は粉じんと灰まみれ。窯の中はサウナ状態で息苦しく、結構大変。

2014-3-26-3

いよいよ炭を出していく。前回に比べ、かなり出来が良かった。というのも、2回目に焼く時は窯が熱く乾燥した状態からスタートするので、出来具合が1回目よりずっと良くなるらしい。
後で様子を見に来たおじいちゃん(窯の持ち主さん)によると90点の出来具合という高得点であった!

2014-3-26-4

炭は、互いにぶつかり合うと金属音の様なキーンという音がする。”くぬぎ”の切断面も割とキレイに放射線状に広がり、Kさんとしても満足のいく結果だったよう。終始、「ええなー、ええなー」を連発していたが、かなり気持ち悪かったらしく、時たま塞ぎこむように座っていました。(笑)

2014-3-26-5

おかげで、かなり良い体験もでき、報酬として大量に炭をいただいてきました。今年のお山の宿”みちつじ”でのBBQは、大豊産の手作り炭で決まりです!いつかは全体を通して炭焼きをやってみたいと思いますね。



それにしても、火というのはいいものですね。我が家の薪ストーブも調理と暖房に大活躍。

2014-3-26-6

北海道の新保製作所というところのタマゴ型ストーブを使っているのだけれども、なんども言いますがコレがホントにメチャクチャいいんです。僕はタマゴ型ストーブ(大)をこの冬使いましたが、今後はコレをメインで使っていくと心に決めております。ちなみに本体は3900円なり。鉄板のストーブはちゃちくて小馬鹿にしていましたが、実用には最高だと思います。いろんな人に勧めたけど、西峯に住む”ゆるゆる”さんしか買ってくれなかったなー。また、冬が来たらみんなに勧めたいです。


  1. 2014/03/26(水) 08:01:18|
  2. 四国生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/03/27(木) 19:12:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

炭焼きいいですね~

ブログはじめて拝見させていただきました!

炭焼きいいですね~僕も今年は無理でしたが、来年は近くのおじさんがやってるので教えて貰おうと思っています!
  1. 2014/04/07(月) 07:43:13 |
  2. URL |
  3. 猪野大助 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/546-b13f290a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。