大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

斧の柄を作る

2015-4-3-1
2015年4月3日(金)

薪づくりというものは、なかなか厳しいこともありまして、よくあることは斧の柄が折れることであります。斧の先がポキッと折れるだけだったら、柄を短くして使い続けることができるのですが、上の写真のようになってしまうとお手上げです・・・。
ついこの間、愛用し続けていたマキタのチェーンソーも壊れてしまいました。機械屋さんに「買い替えたほうがまし!」と宣告され、ショックでした。ちなみに使っていたのはME333というヤツで、オークションでゲットした安物でした。それでも、6年はみっちり仕事をしてくれたので、感謝しないといけません。

話は脱線しましたが、チェーンソー買い替えの出費もあり(友人から17000円でゲット!)、斧の柄も買い替えるのが無性に嫌になった・・・という話です。ちなみに買い替えると2000円ぐらいします。
薪にする樫の枝に割とまっすぐなものがあり、こいつで柄を作ってみようと思いました。

2015-4-3-2

枝利用の柄のDIYは初めてではなく、以前にもやったことはある。そのときは、ほぼ枝のままで鍬の柄を作った。これは、非常に簡単であったが、斧の柄はそうはいきません。なんせ、かかる力が半端ないので、真剣に作ります。

電気カンナで、枝を削って形を整えていきます。

2015-4-3-3

面白くなってやっていたら、次の写真がこれになってしまいました。思ったより早くできたので良かった。

しかし、いざ振り下ろしてみると、木がしなっていてまっすぐじゃないことが判明。削り方が良くなかった。

2015-4-3-4

庭に放置してあったひき臼を乗せて、強制的にしなりをなくそうとしてみました。

2015-4-3-5

2日もすると、ちょっといい感じになりました。持ち手にもっと丸みをつけたら、快適に薪割りできそうです。買わずに済んでホント良かった~。まぁ、すぐに折れるかもしれませんが・・・。
僕だけかもしれませんが、薪づくりにお金がかかってしまうとモチベーションが下がってしまう(アホらしくなる)ので、なるべく格安に作業することを心がけています。苦手な機械のメンテも頑張りたいところです。

  1. 2015/04/03(金) 00:33:42|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/634-ecacf716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。