大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

ついに天ぷらカーが誕生しました!

DSC_3802_R.jpg
2016年6月23日(木)

虎視眈々とハイエースのWVO化を狙っていたスラジでありますが、ついにその時がやってきました。先日22日(木)に大豊の中村大王にある板金修理専門店である"pro style ASAHI"の旭さんにお願いし、WVO化の仕様変更に踏み切りました。お山の宿"みちつじ"の主である"だいちゃん"も参加してくれ、僕も含め3人で作業しました。以前、アルバイトでお世話になった旭さんの工場ですが、さらに進化を遂げ、大雨の中でも余裕で作業ができる状態になっておりました。

WVO(waste vegetable oil )・・・つまり廃油。廃棄されるはずの植物油を燃料として車を走らせる取り組みをWVOといいます。普通のディーゼル車を廃植物油でも走れるようにすることをWVO化といいます。

DSC_3803_R.jpg

まず、熱交換器の取り付けのためにバンパーを外す。これがスラジにとっては難関でした・・・(外し方が分からなかった!)。今回、旭さんに教えてもらったので、備忘録として手順を記したいと思います。

①ウインカー、ナンバープレートを外す。ウインカーはプラグも外す。
②スモールライトを外す。ドアのヒンジ部分のネジを外し、前方にスライドさせるようにして外す。
③グリルをはずす。クリップでとまっているので慎重に引っ張ってはずす。
④バンパーが固定されているナットを外す。
⑤元に戻すときは、クリップを車体側に付け直してからはめるように気をつける。(スモール)

DSC_3814_R.jpg

熱交換器を取り付ける位置はウォッシャータンクの前のスペース。取り付け方法を検討した結果、ステーを作って溶接することに。旭さんがプラズマカッターでアングルと鉄板を切断。

DSC_3819_R.jpg

アングルと鉄板を溶接し、熱交換器取り付け用にボール盤で穴あけ。ステーが完成したところで、車体にステーを溶接。もちろん、すべて旭さんの仕事です・・・。(笑)

DSC_3821_R.jpg

これしかないやろ!!ってな具合に完璧に熱交換器が取り付けできました。ラジエターホースの取り回しを考えても、無理のない位置と角度で完璧でした。てんぷら油のタンクは助手席に置くので、助手席の足元からスプリングホースを出しました。

DSC_3823_R.jpg

INとOUTを逆につけるというハプニングもありました(スラジのミス)が、早めに気付いてよかった。

DSC_3832_R.jpg

クーラントは車をリフトアップしてラジエターのドレンから抜きました。その後、ラジエターホースを熱交換器にバイパスさせて、新しいクーラントを注入。配管が終了したら、三方弁の切り替え部分まで天ぷら油を吸い上げてみる。口で吸ってみたが、そこそこ引き寄せれました。最終的には、ブレーキオイルチェンジャーで引っ張ってもらいました。天ぷら油を吸い上げたのは、軽油でエンジン始動した後、いざ燃料を切り替えるときにできるだけエアを抜いておきたかったからです。

DSC_3830_R.jpg

いよいよ燃料の配管にうつります。ボルトを外して手動ポンプとフューエルエレメントが一体になった装置を外します。これを外せば、軽油のタンクに直結している配管にも手が届くし、エンジン側にもかろうじて手が入ります。

ディーゼルエンジンは燃料を送るフューエルポンプは存在せず、エンジン始動とともに勝手に燃料を吸い上げます。MAXの量を吸い上げ、使い切らなかった分の燃料はタンクに戻るように配管されています。吸い込む方を"燃料"、吐き出される方を"リターン"と表現させてもらいます。

DSC_3834_R.jpg

配管がすべて終了し、燃料のエア抜きをします。これは、手動ポンプでエア抜きするのですが、なかなか進まず苦労しました。本来の燃料ラインは、手動ポンプ&フューエルエレメントを出て10cmぐらいの距離でエンジンに直結しています。しかし、WVO化のため三方弁の切り替えシステムになっているので、その分、手動ポンプからエンジンまで100cmぐらいの距離が出てしまってます。しかも、手動ポンプよりも上にホースが上がっているし・・・。3人で交代しながらポンピングしまくりました。(笑)

最終的に、軽油タンクにコンプレッサーのエアーを注入して圧をかけながらポンピングすると少しずつ進むことを発見。しかし、作業を中断すると燃料がタンク方向に戻って行く現象が起こる。仕方がないので、旭さんがエアーで圧をかけ、だいちゃんがポンピングし、ある程度燃料がたまったところを見計らって僕がエンジンをかけるという共同作業でエンジン始動してみました。

DSC_3837_R.jpg

透明のスプリングホースを使ったのでエアーの量は目視で簡単に把握できた。意外とエアーがあったにもかかわらず、すんなり軽油ラインでエンジン始動できました!人工呼吸ばりの手動ポンピングの賜物です!(笑)

ラジエターキャップを外して、ラジエターのエア抜き。暖房全開にして、ポコポコエアが抜けるのを確認し、減った分クーラントを注入してあげます。散らばった工具などを片付け、ラジエターが温まってきたところで、いよいよ燃料の切り替え!

DSC_3838_R.jpg

やったー!!普通に動いたー!!

いやー、できると信じていましたが、やっぱり感動。旭さんがいなければ、絶対に叶わなかったWVO化でした。そして、だいちゃんもサポートしてくれ、本当に心強かったです。ありがとう!!

DSC_3848_R.jpg

初年度登録平成7年、16万キロ走っている100系ハイエースワゴンですが、まだまだ頑張ってほしいです。噴射ポンプ、お願いだから壊れないで!!今度はバイオディーゼル車の仕様変更届、取りにいくぞ~。



ありがとう・ありがとう・ありがとう



  1. 2016/06/23(木) 05:45:33|
  2. WVO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ついでに950申請して
トレーラー牽いてまえ〜
てんぷらカーで牽引は たぶん日本初やで
  1. 2016/06/25(土) 01:04:56 |
  2. URL |
  3. おかだっち #-
  4. [ 編集 ]

おかだっちへ

ついでにって・・・そんな簡単にできません。(笑)
キャンピングトレーラーの牽引は聞いたことないけど、カヌー運ぶ用のトレーラー引っ張ってる人はいますよ。キャンピングカーを天ぷらカーにしてる人もいるみたい。なかなか奥が深い世界なんですよ。
  1. 2016/06/25(土) 06:31:51 |
  2. URL |
  3. スラジ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/729-8912993c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad