大田口カフェLIFE

ムッシュとスラジの生活・思考をスラジの観点から書き綴ります。

外に五右衛門風呂を作る その3

DSC_4868_R.jpg
2016年12月9日(金)

だいぶ形ができてきた野外風呂。ついに入れるレベルまできましたよ!水道の配管と排水の処理が最低限レベルで完成です。(笑) ちと寒かったですが、暗くなってからスラジ&よしので試し風呂に入りました。(画像なし・・・というか載せれない) まだまだ改良の余地がありすぎる状態での入浴でしたが、よしのが楽しんでくれてよかった!知路(ともる)は、安定したインドア派を発揮し、即答で「イヤ!入んない!」と宣言しておりました・・・。

DSC_4858_R.jpg

風呂場から流れ落ちた排水は、そのままトタンで受け止める方式。そのまま地面にしみ込ませるという方法以外では、これが一番簡易な方法かもしれません。廃材のみで作ろうとしているので、こういう作りになるのかもしれません。(笑)
五右衛門風呂の排水は、ここから栓を外して流します。なんとか予定通り作れています。

DSC_4859_R_20161209065415013.jpg

排水は雨樋で受け、家にあった漬物樽(20L)で受け止める。

DSC_4861_R_20161209065417bb3.jpg

漬物樽に穴をあけて、偶然その辺にあった蛇腹ホースをつけてみたらピッタリだったので採用。後は、家にあった雨樋用の「たてとい」をバーナーであぶって湾曲させて使ってみました。
この辺の配管は、廃材で作るには限界を感じ、見た目もみっともないので、後に改良したいと思います。

DSC_4860_R_20161209065416b9f.jpg

煙突も取り付けましたよ。我が家に2台ある薪ストーブのうち、一台はここ最近使っていないので、そちらの煙突を外して使いました。たぶん、外風呂は夏場オンリーの使用になると思うので、面倒ですが買わずに付け替える方式でいきたいと思います。

DSC_4867_R_2016120906542064e.jpg

水が出ると、いよいよ風呂っぽい。というか風呂だ!!ドラム缶の燃焼炉がちゃんと機能するか、確認のために風呂を沸かしてみたが、計算通り大丈夫でよかった~。しかし、いざ入ってみると・・・やはり屋根がほしいと思うようになった。いや、うすうす感じていたが、目を背けていた。やっぱり、屋根を作らないといけません!


ありがとう・ありがとう・ありがとう


  1. 2016/12/09(金) 19:03:46|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/tb.php/781-444eb152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad